Made of 紙

無いものは作る!有るものも作る!作れるものなら何でも作る!

ちょっと早いですが、年に一度のGMRC公開運転会のお知らせです。今年は以下の通りに開催いたします。日時:11月23日(土)、13時~17時   11月24日(日)、10時~15時半場所:岐阜市芥見   東部コミュニティセンター 大集会室いつもどおり入場無料です。今年も昨年同 ...

床下機器のつづきです。コンプレッサーと除湿装置ですが、この有様ですので、画像と睨めっこしながら作ってみました。が、ゴチャゴチャ感優先なので似てはいないです。MGも適当にあれこれくっ付けて立体感を出します。というわけで、before↑after↓意外と数が少なくて有難い ...

今回は床下機器のディテールアップです。このキットには床下機器も付属していますが、レーザーカットで模様がついているだけなので立体感はありません。床下機器は難関ですから、付属しているだけでもありがたいのですが…やはり床下機器マニアとしては、しっかり作ってあげ ...

待望の名鉄新形式、9500系がずっと新川に居るとの事だったので、いつも素通りする須ヶ口に寄り道してみました。スマホなのでキレイな画像ではありませんが…床下を観察できないのが悔やまれますね。営業が始まったら一度捕まえてじっくり眺めたいところです。といっても、シ ...

今回は集電のお話です。エンドウのパワトラは、室内照明などのためにセンターピンから電気が取れるようになっています。が、センターピンということは、+-どちらかしか取れないということです。大体は2セット使うので、向きを交互にしておけばどちらも取れますが、集電性能 ...

つづいてM車用の床板です。前回同様、床板と同じ大きさの紙を切り出しますが、パワトラを収めるための穴を開けます。穴を避けるように木材を貼ります。で、さらに木材を削って紙でフタをします。さらに紙を貼ってこの穴にパワトラの頭をはめてネジ止めします。パワトラが収ま ...

続きです。床板は再利用するつもりでしたが、途中で構造を変更するとこにしたので、作り直します。べキッと床下機器を剥がします。機器はこの後ディテールアップして再利用します。まずは、0.5mmの紙を元の床板とおなじサイズで切り出して、紙より左右5mmずつ狭い幅の桧板を ...

201系は元々菱形ですが、後にシングルアーム化された奴がいて、四季彩の種車もそうでした。というわけで、やっぱり今回もパンタ作ります。まず枠。枠に腕をつけます。真鍮線等で色々細工をします。舟体を作れば、できあがり!今回ははんだ付け無しで作ってみました。碍子を挟 ...

今回のリメイクの目玉、パンタ配管の作り直しであります。図面を書いて、カーボン紙で車体に写します。台座の位置に穴を開けます。特に意味は無いですがサフを吹きました。まずは屋根側のパイピング。小さく切った紙きれを貼り付けて配管座とします。真鍮線をラベル紙の帯で ...

元々少なかったアクセス数が最近さらに減ってしまいました。まぁ更新頻度がアレな上に殆どのネタは誰得なので、当然の結果ではありますが…。これからもなんとか細々と続けるつもりではいます。さて、本題。スカート作りました。テキトーです。もう少し幅狭くても良かったで ...

今回は雨樋です。元々のやつはシンナー貼りが下手でぐにゃぐにゃだったので、張り替えます。紙で1ミリくらいの帯を作って、適当に治具を作って、治具に沿わせて瞬間接着剤で貼りました。真っ直ぐできました。ついでに妻板の雨樋も、貼りました。ついでに妻板のハシゴも植えま ...

お顔の続きです。前回はここまで。お次は…こんなふうに紙を切って、1ミリの紙帯を貼って、櫛みたいな所を切り落とします。これを刻んで、定位置に貼りました。ちょっと幅が大きかったですね。あとは、屋根に手掛けを植えて、0.3mmの銅線で輪っかを作って、ハシゴに見立てま ...

解体作業で見るも無惨な姿になってしまったお顔を復活させます。ペーパーがけして、パテで均して、いろんな穴を開けて、足掛けとテールライトをつけます。テールライトは丸めたラベル紙です。つづいて、こんな形の紙を、鉄ヤスリに貼って、バイスで絞めると、縞鋼っぽくなり ...

補強材というのは厄介です。キットでは肩と裾に補強が付いていて、車体中央に横梁が付くんですが、この横梁が私はあんまり好きじゃないんです。ということで、元々ドアは交換するつもりだったので、ドアごと裾の補強を取り払いました。代わりにこういうのを作って裾に貼りま ...

クーラー脇にはランボードが有るんですが、最初作ったとき何故か省いてしまったので、後付けします。紙の帯を屋根の肩に水平に貼って、パテ盛りして、削ってできあがり。あと、クーラー用の取り付け穴を開けます。カツミのホワイトメタルパーツ(戴き物)が付く予定です。つづ ...

今回は四季彩の1番の特徴である、川側の1枚窓を表現します。元がこんなです。窓枠を削って、裏打ち用の窓枠を作って、裏から貼ると、四隅がはみ出るので、パテを盛って、整えたらできあがり。幸いにも天地左右の開口寸法は同じなようで、簡単にできました。それにしてもこの ...

創造の前に破壊あり、です。まずは改造の前に余計なものを取っ払います。記念写真的な…バラしました。床板は再利用するつもりです。顔のパーツも取り払いました。動力はエンドウのパワトラです。窓も全て剥がしました。パンタ配管もやり直すので、剥がしました。パンタ周り ...

久々の工作ネタです。今回は工作しないけど。予想以上に多忙で半年ほど前から工作が全くできておらず、このままだと工作ブログとしての存在意義が問われそうなので、完成まで温存するつもりだったネタを公開することにしました。本題です。皆さん「201系」という電車をご存知 ...

今回の側面資料は名鉄1800系1809Fです。1809Fは1800系のラストナンバーです。概説と海側は前回記事をご覧下さい。↑豊橋←山側・海側→①1809(ク1800)②1909(モ1900)↓岐阜※クリックで大きな画像を表示。豊橋方から▲ク1800▲モ1900無断転載は禁止です。 ...

今回の側面資料は名鉄1800系1806Fです。名鉄1800系は、名鉄の特急政策の転換に際し導入された1200系一般車用の増結車です。データイムの普通列車にも多く使用されます。1200系のリニューアルに併せて1800系にも工事が施され、全編成がリニューアルを終えました。全部で9編成1 ...

↑このページのトップヘ