Made of 紙

無いものは作る!有るものも作る!作れるものなら何でも作る!

〈お知らせ〉ロンキヤ製作記連載中。

モノレールは裏でこっそりやる事にして、今日はこまちのつづきです。鼻先はまだふさがれたままですが、実車の11号車にはE5系との併結用連結器が仕込まれています。ここで、↑画像の鼻先の蓋を取っ払います。ぽっかり口を開けます。あれ?なんだか思わせぶりな四角い穴が開い ...

長野県北部、白馬に行ってきました。天気はさして良くないですが、温度も湿度もカイテキですっ。涼しげでしょう?こちらは雑草以外の植物も元気でキレイです。一週間ほど滞在して、この記事は岐阜で書いています。比べればそりゃ快適度は違いますが、こっちもいつもより暑く ...

なんちゃってモノレールプロジェクト、第二弾です。先頭車の新造と既存先頭車の改造が(だいたい)終わりました。▲びふぉー▼あふたー手前が新造、奥が改造車です。補強もしてちょっとは丈夫になりました。で、今回は、1年くらい前に作った中間車を動力車にしてみます。むかし ...

待望(誰も待ってない)のモノレールプロジェクト、続編です。前回(1年くらい前)は写真を紛失するという前代未聞の大失態により、ブログに一瞬しか登場しなかったモノレールですが...問題の記事→そうだ、モノレール 作ろう。今回、ついに再始動ですっ!前回はタダの置き物デ ...

紙のE6系、顔の造形のつづきです。↑ここから、↑こうなりました。大した変化は無いですが、フロントガラスの両脇にサイドの細ーい窓用のプラ板を貼りました。ちょっと強度が心配ですが、これ以上の方法が思い浮かばないので仕方ありません。↑真横から↑真上から少しはらし ...

こまちのつづきです。先頭車は顔の造形がメインなので、しばらく顔づくりが続きます。こういうのをおでこに貼り付けます。さらに、こんなふうにプラ板(硬質塩ビ)を貼ります。横から見るとこんな形です。曲げるときドライヤーで温めてやるので、ぐにゃぐにゃになっちゃいます ...

まだまだつづきます。前回作ったレール支持装置をひたすら黄色で筆塗り。ちなみにこれで約半分。1両に4つ取り付けます。先頭車(-201だけ)にも1個つきます。ひぃ~っ! ...

ついに!あの3500系が機器更新ですって!!3511Fと同じ機器に換装、加えてSIVも更新されています。しかも行先表示器はLED化、ドアチャイム新設、パッとビジョン搭載と、珍しく名鉄が本気を出してます。モケットとかはそのままでしょうか?ひさびさに興味深いネタが入ってきて ...

今回の床コレは今月廃車解体された名鉄5700系5601Fの山側です。名鉄は1380系や新5000系、6000系リニューアル車など数多くの魔改造車を生み出していますが、5601Fもまた中間車の先頭車化改造という名鉄お得意の魔改造車なのであります。 当初は5700系中間車として2連(サ5600 ...

こっちの製作記事も書かないと忘れそうなので、今日はロンキヤです。 レール運搬車ですから、レールを載せるところが必要です。木材と紙でこんなのを作ります。たくさん作ります。うちはブラック企業じゃないので、サボってレーザーカットを依頼しました。切り取ります。こ ...

こまちのつづきです。鼻の構体の上側をいじります。ボンネットみたいなのをのせてその両脇に細長いパーツで蓋をします。側面に外貼りを貼ります。先頭の絞りに沿うように適宜外貼りに切れ目を入れながら貼り付けます。床下カバーの外貼りも同様に。スリットもテキトー表現で ...

久しぶりの床コレは、5月末ごろ運用に復帰した1800系最初のリニューアル車、1808Fの山側です。リニューアル内容は1200系一般車と同じですが、自動放送はありません。↑豊橋①ク1808②モ1908↓岐阜※クリックで大きな画像を表示。豊橋方から▲1号車▲2号車ループ運用に入って ...

新幹線は顔が命です。近頃はちょっと残念な新幹線が多いような気がしますが、まぁどんなものでも好みは分かれるものですから仕方ありません。前回、後ろの方は妻板を付けたりして箱になりましたが、顔の辺りはまだパッパラパーです。のりしろを接着しておでこ(後頭部か?)の ...

あづいです。紙のシンカンセンぷろじぇくと、本格始動です。前回作った形式図から、こういう展開図ができました。基本的には正面図を断面外周に開いただけですが、現物合わせがやりやすいように”のりしろ”や”けずりしろ”を用意してあります。あとはテキトーです。流線形 ...

暑いです。暑すぎます。 こまちの記事はストックが少ないので、しばらくロンキヤと混ぜて更新します。さて、灯りが無いと夜に作業ができませんので、今回は作業灯をつくりましょう。真鍮線で脚を作ります。紙を重ねただけのライト本体と、固定する金具っぽいやつ。斜め下向き ...

新シリーズです。ちょっと前の予告通り、新幹線が作りたくなったので作ることにしました。 お題は秋田新幹線のE6系「こまち」です。 登場してしばらくはE3系との差別化のため「スーパーこまち」と呼ばれていました。 N700と違って編成も短いし、何より屋上機器も床下機器も ...

梅雨って明けたんですかね? さて、懸案の台車です。 いつものプラ台車なので、表に付けるハリボテを用意するわけです。 ただ、似た形の台車がないので完全に自作せねばなりません。紙を4枚くらい重ねてできたのがこれ↑空気バネはOリングを半分ずつ使います。マトモに両数 ...

キサヤ96の続きです。縞鋼と床上ダクトを塗装。車端の床上ジャンパ栓受けも塗装それらを貼り付けても、めっちゃシンプルです。床下もスッカスカ~とりあえず車体は13両揃いましたね!車体は!!つづく ...

残りのキサヤ96を作ります。車体は今までと同様なので省略します。先行して作りかけていたキサヤ96-3と合流。キサヤ96では色の入りにくい側面の内側を先に筆塗りしておきました。床下機器が恐ろしく少ないです。空気ダメは貰い物のホワイトメタル部品、…高級ですw車体の黄 ...

いよいよ残りの5両、「キサヤ96」を量産です。が、今回は先行して中央緊結車のキサヤ96-3を作ります。▲ココだけレールががっちり固定されているのです。まずは側面鋼体から生える制御盤ベースやら作業灯やら。真鍮線細工はとっても苦手です…。なんとかできました。車体の作 ...

↑このページのトップヘ