今回は集電のお話です。

エンドウのパワトラは、室内照明などのためにセンターピンから電気が取れるようになっています。

が、センターピンということは、+-どちらかしか取れないということです。

大体は2セット使うので、向きを交互にしておけばどちらも取れますが、集電性能的にはよろしくありません。

ということで、
DSC_0809
分解して中のラグ板を伸ばして外に出し、そこに集電接点を追加しました。

途中経過を撮るの、すっかり忘れてました。

さらにさらに、
DSC_0810
母線で前後のパワトラを繋ぎます。これでかなり走りが良くなります。

DSC_0810_2
一応、動作確認。

でも、まだつづきます。
DSC_0811
今度は紙と銅箔テープとリン青銅線でこんなの作ります。

DSC_0813
それを、トレーラーの台車のボルスタに貼り付けて、

DSC_0814
さらにリン青銅線で接点をつけて、

DSC_0815
床板に銅箔テープで母線を通して、

DSC_0816
できあがり!

そして、
DSC_0819
新開発の通電ドローバーも!

DSC_0818
これで、全車に電気が行き渡ります。

以上です!